こんにちは ヽ(゚◇゚ )ノ


ナショナルトラストの管理下にある「ノールハウス」は、

別目「カレンダーハウス」と言われ、

一年の日数と同じ365部屋、

1年の週数と同じ52の階段、

月の数と同じ12の玄関、

週の数と同じ7つの庭園があります。

(ちなみに、バッキンガム宮殿は750部屋あります。)


H.I.S.ロンドン雑学講座-ノールハウス

カンタベリー大主教のトマス・バウチャーによって15世紀に建設された

のですが、その後ヘンリー8世に寄贈されています。

(恐らく、断ったら処刑されかねないので寄贈したんでしょうね、、)

H.I.S.ロンドン雑学講座-ノールハウス

また、以前ブログでも紹介したシシングハーストの庭園を造園した

詩人のヴィタ・サックヴィル・ウエスト女史は、このノールハウスで

生まれ育ちました。

シシングハーストのブログはこちらから

H.I.S.ロンドン雑学講座-ノールハウス


365部屋もあるものの、、、実際に一般公開しているのは13部屋だけ。

非公開の部分に現在でもザックヴィル家の子息が住んでいるそうです。


H.I.S.ロンドン雑学講座-ノールハウス

お城やマナーハウスの所有者たちの多くは、物件が大きすぎて

管理をするための資金繰りが大変。物件を手放す人が多いのが現実。

又はノールハウスのように、建物の一部に住みながらも、

ナショナルトラストに委託して一部の部屋と敷地を一般公開することで

資金を賄っているケースが多くあります。


H.I.S.ロンドン雑学講座-ノールハウス

残念ながら、部屋の中は撮影禁止。


H.I.S.ロンドン雑学講座-ノールハウス


ここでは外観しかお見せすることが出来ません。

( 内装写真がないと寂しいですね、つまらなくてすみません。。)


H.I.S.ロンドン雑学講座-ノールハウス


ノールハウスはその敷地も広大!


1967年にはビートルズがノールハウスの公園の木の前で

ストロベリーフィールズフォーエバーの撮影を行ったそうです。

(木がおおすぎて、どの木かは、定かではありませんでした。。)


H.I.S.ロンドン雑学講座-ノールハウス

ヘンリー8世に寄贈されてからは、王家ゆかりの地ということもあり、

歴史ドラマや映画「ブーリン家の姉妹」のロケ地としても使われました。


私の友人が自宅(大邸宅)をモデル登録しているのですが、

時々、モデルや芸能人がきて撮影を行っているようで、、

なんでも家を撮影で1日貸すだけで、、数千ポンドとか、、、

その家の規模にもよりますが、そんなポケットマネー欲しいですね~


H.I.S.ロンドン雑学講座-ノールハウス

ノールハウスについてこちらから



R子


みなさん、いつもありがとうございます!
ポチっでブログランキングの応援よろしくお願いします!
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

ウェールズとイングランドの田舎と世界遺産 3日間



この夏おすすめ!マルタ島を訪れてみてはいがでしょうか?
見ると行きたくなっちゃうウェブサイトはこちらから

H.I.S.ロンドン雑学講座-malta



【H.I.S.ロンドン X PRESTAT】
H.I.S.ロンドン支店では、王室御用達チョコレート店プレスタット本店でお買い物をしていただくと、チョコレートが10%割引になるクーポンをスタートしました
クーポンはこちらからゲット!


H.I.S.ロンドン雑学講座-PRESTAT



ロンドン支店ホームページはこちら



写真や情報を更新中!いいね!お願いします!
FACEBOOK はこちらか
メルマガ登録はこちらか



同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    HIS ロンドン支店

    ロンドン優待クーポン イギリス国内オプショナルツアー、ロンドン発欧州パッケージツアー PREMIER LEAGUE H.I.S.はアーセナル公式代理店です
    2021.01
    loading...
    WORLD情報局
    テーマ一覧