今回はウィンダミア湖のクルーズをご紹介します。

クルーズはボウネス・オン・ウィンダミアという、
ウィンダミア湖中部の街か拠点となっています。

2


チケットセンターはフェリー乗り場のすぐ目の前に!
緑の建物が目印。
フェリーのチケットとバスのチケットが一緒になったお得なチケットもあるそうなので
事前にチェックしておくと良いかもです!




1

ルートはウィンダミア湖の南のレイクサイドに行く「イエロークルーズ」
ウィンダミア湖にある島の周辺をくるっとまわって
乗船地と同じ場所へもどってくる「ブルークルーズ」
ウィンダミア北のウォーターヘッド(アンブルサイド)へ向かう「レッドクルーズ」
という3つのルートが日中運行しています。




3

今回はウィンダミア湖をぐるっと一周するブルークルーズに乗船してみました!
座席指定はないので、見晴らしのいい2階の席を確保したい場合は
すこし早めにいって並んでおくとよいかもしれません。
(10分位前には長蛇の列になっていました)
小さくみえるかもしれませんが、けっこうな人数が乗船できちゃいます。



31

2階席の先頭付近に着席し、いざしゅっぱーつ!



4

だんだんフェリー乗り場が遠くなっていいきます。




5

湖にはいろんな船が停泊中!




6

ヨットもたくさん!

7

個人の船でクルーズしている方も!カッコイイー!!

8

湖の両岸にはいろいろな施設の姿が!
水辺の館…素敵。o.゚。(´д`人)

…とはしゃいでいたらウィンダミア湖をぐるりとまわりおわり
ボウネスウィンダミアへただいまー!!となっていました。




9

楽しい時間はあっという間だなあ(><)



この日は天候にもめぐまれていたのでそんなにきになりませんでしたが
やはり水辺なので、一枚風よけになるような上着があるといいかな、なんておもいました。
(日差しも強いので、サングラスもあるといいかもしれません)

次の湖水地方レポはボウネス・オン・ウィンダミアの街と
ピーター・ラビットの作者、ビアトリクス・ポター美術館レポです!


アキ

 ⇒⇒⇒⇒⇒にほんブログ村

FACEBOOK


Banner
詳しくはこちらから

Blogfw

詳しくはこちらから

ヌラーゲ

詳しくはこちらから

 

beer

詳しくはこちらから

 

Yamato
詳しくはこちら

●ロンドン支店ホームページはこちら

リンクはこちら

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    HIS ロンドン支店

    ロンドン優待クーポン イギリス国内オプショナルツアー、ロンドン発欧州パッケージツアー PREMIER LEAGUE H.I.S.はアーセナル公式代理店です
    2020.11
    loading...
    WORLD情報局
    テーマ一覧