アーセナルの歴史が展示されているアーセナルミュージアムにやってきました。

Imgp4359

公式代理店のH.I.S.ロンドン支店のミュージアムパッケージにはこちらのミュージアムへの入場券も含まれています!この入場券は試合後は無効となりますのでお気をつけ下さい!

Imgp4357こちらのモダンな建物の一階部分が入り口、地下ワンフロアが博物館になっています。

Imgp4593

ところでスタジアムツアーで使ったこのイヤホンはそのままもらってOKだそうです。

Untitled1

アーセナルの文字も何気に入っています。
私はこのイヤホンを片手でプラプラさせながらミュージアムに入ったらチケットをみせずそのまま入場となりました。

Imgp4597▲「工場の労働者から我らの世界的なサッカークラブになるまでの軌跡」

このツアーに参加するまで知らなかったのですが、アーセナルは1886年(明治19年)に出来たクラブだそうです。
萩原朔太郎や石川啄木と同い年!かなり歴史があるんですね。

Imgp4604

入り口から2手にわかれ、片方が創設から1950年までの歴史、もう片方が1950年から現代までの歴史、それと女子サッカーやユースと地域との関連などの展示もありました。

Imgp4601このようにアーセナルにまつわる様々な出来事を一気にみる事ができます。

Imgp4386エムブレムにもなっている大砲や、アーセナルサポーターを指すGoonerという言葉はどういう関わりがあるのかずっと知らなかったのですが、元々王立兵器工場ロイヤルアーセナルという工場から生まれたクラブだそうです。

Imgp4383上記の話はショップのスタッフさんが教えてくれて「へ~!だからガナーズ(グーナー)って呼ばれているのか!」と納得でした。
スタッフさんからしたら「こいつはなんでココに来たんだろう?」と思われるレベルの無知っぷりですが、質問したらかなり詳しく教えてもらえるのでもし疑問があればどんどん聞いてみて下さい。

Imgp4609大人の事情で選手写真掲載が出来ないので載せれる写真がかなり少ないのですが…
アーセナルが好きな方は懐かしくなったり、感慨深くなったり、私のようなアーセナルサポーターじゃない人間にとってはアーセナルというクラブの成り立ちから順を追って知れる博物館です!

Imgp4615

こちらの博物館、大きさとしてはそこまで大きくないのですがじっくりキャプションを読んだりするとそこそこ時間がかかります!
わたしの場合はキャプションを読む⇒わからない部分をググる⇒「へ~」を繰り返して結局1時間半くらいおりました…。
試合観戦、スタジアムツアー、博物館…アーセナルにどっぷりつかれるミュージアムパッケージおすすめです!


A_ad

チケットのご手配、ご相談もH.I.S.ロンドン支社にお任せ!
詳しくはこちら!
 H.I.S は Arsenal 公式代理店です! 
アーセナルホームゲーム観戦 ミュージアムパッケージ(料金に含まれるもの)
●クラブレベル専用入り口&クラブレベル確約チケット
●マッチプログラム付
●オフィシャルショップでグッズの購入などに使用可能£5バウチャー(1年間有効)
●試合開始前のご利用をオススメいたします。
●アーセナルの魅力にさらに迫る!ミュージアム入場チケット(試合後の利用は不可)
●ハーフタイム中にドリンク無料(ワイン、ビール、ソフトドリンクなど/数に制限あり。お一人様1杯)
●スタジアムツアーバウチャー(有効期限内にお使いください。試合日前後7日間有効)
⇒スタジアムツアーのオープン日は公式サイトにてご確認下さい

A_ad02

詳しくはこちら!


ミオ

VoucherH.I.S.ロンドン発行のクーポンについてはこちら!

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    HIS ロンドン支店

    ロンドン優待クーポン イギリス国内オプショナルツアー、ロンドン発欧州パッケージツアー PREMIER LEAGUE H.I.S.はアーセナル公式代理店です
    2020.12
    loading...
    WORLD情報局
    テーマ一覧