皆さん

こんにちは!コロナでずっとオンラインショッピングばっかりしていたのですが

久々にハロッズに足を運んでみました!

相変わらず建物は雄大で圧倒的な雰囲気がしますね~

ハロッズ (Harrods) は、ロンドン中心部のナイツブリッジ地区Brompton Roadに面するイギリス最大の老舗高級百貨店です。高級ブランドの商品を買いたい気分満々でしたが。。。諦めて^^ハロッズの記念グッズを見てきました。

Harrods_4_2

ハロー!ハロッズ定番のグッズ・ハロッズベアーと犬の商品です~~~

Harrods_bear_bag_sales_2

Harrods_puppy_bag1

ロンドンの有名な観光地をテーマにしたグッズも多かったです!

Harrods_london_style_bag

Harrods_london_bag_2

Harrods_london_style_bag2
今年はエリザベス女王即位70周年記念をするプラチナジュビリ―の年となります。

記念グッズや商品がハロッズも沢山出してますね。ROYAL COLLECTION!!

なんと今年しか買えない限定品です。

Harrods_platium_gift

Harrods_platium_pink_bag

Harrods_platium_white_bag

その中、私はこの麻バックがかなり気に入りました。

色も形も平凡には見えますが、細かい飾りやゴールドのボタンとかがオシャレ!

太陽が強いロンドンなので、ジーンズに白Tシャツでこのバックをマッチングするだけで

ポッシュ(POSH)なイギリス女性にみえるかしら~~

Harrods

いつでも携帯可能でショッピングに便利そうなのはこれでした!

軽くて折り畳んでも手に入るくらいのサイズでとても便利そうでした。

Img_8712

あれもこれもとてもかわいくて全部買いたくなりました!!

日本にいらっしゃるみなさにも簡単に買えるチャンスがあります。今年の夏!HISから全世界有名都市のエコバック・ショッピングバックが買えるオンラインツアーが開催されますので是非ご参加ください。6月11日、7月9日 2回にかけて開催する予定です。

【特別企画】世界5都市の人気エコバッグ&トートバッグ バーチャルショッピング[日本時間 6/11(土) ]https://www.his-j.com/oe/detail/T10/?area=O9&country=OEA&city=OEG&。roduct=OEGECOBAG1

1_2

では皆様のご参加をお待ちしております★~

Harrods_xsmall_bag_with_bear1

2022.04.30

ロンドンではBanksy(バンクシー)が描いたグラフィティーがたくさんあります。

バンクシーはイギリスを拠点に活動するグラフィティー アーティストで、グラフィティーが違法な落書きの為、身元は明かされていません。

そちらを今日はご紹介いたします。

見つけやすさ:簡単

7055d73b98c1442fbec0bdc34ef25c64_2

4ea75923fe304a24b243172ffc326a6d_2

Basquiat(バスキア)のエキシビジョンがBarbican Centreである前夜に、バンクシーによってバスキアの作品を真似て描かれました。アクリル板で保護されています。
この上記の2つの作品は道を挟んでお向かい同士にあります。

遠目からみるとこんな感じです。

Cadd2fdce7774fd2a3f4c1d1a5f312f4__2

673578994607472d8c7c4c01a14da0f2_1

見つけやすさ:普通

次はMayfairの(Bruton Lane W1J)Falling shopperと呼ばれている作品です。

ビルの高いところに描かれているので保護されていなくても綺麗に残っています。

Banksy

7d18905f2d784b0882fef8fd2034bf11

見つけやすさ:簡単

そして、Marble Archにある作品です。

こちらもアクリル板で保護されています。

3b3dbcae9ccb4732883397c4e6f9e7af_2

見つけやすさ:難しい

ShoreditchのRivington StreetにあるBarの庭に描かれたGuard Dogと題された作品です。

こちらもアクリル板で保護されています。

Img_6479_1

最後はもう今は消されてしまいましたがStoke Newingtonに描かれていたRoyal Familyと呼ばれる作品です。

Afeb2458c7ac47b0b297fbcb61910cea__2

また新しいバンクシー作品が現れたらご紹介いたします。

是非、皆さまもロンドンに来て、普通の街中に描かれた本物のバンクシー作品を見て下さいね。

2022.04.27

みなさんこんにちは!

フィフィです。

イギリスの南部East SussexとWest Sussexへ散策と保養に行ってきたの巻レポートです!

East Sussex 保養場所

みなさんご存じ?

南イングランドの土壌はワインの生産に適しているんです!

ということで南イングランドはワイン生産が多く行われています。

その一つでとても美味しいワインと個人的に評価しているワイナリーがあるのでご紹介!

The Bolney Wine 

今回はここのワインテイスティングに参加して参りました。

Img_1488

5年ほど前に訪れた時にはなかったレストラン・カフェとイベント施設でワインのテイスティングが頻繁に行われています。

クラスルームスタイルでイギリスのワイン歴史を聞いた後、いざブドウ畑へ!

霜が降りて芽が痛まないようにブドウ栽培に24時間体制で気温管理をしているという影の努力の説明を聞いた後、クラスルームへ戻りワインの試飲。今回はチーズペアリングだったので地元産のチーズやおつまみが用意されていました。5種類のワインの試飲でそれぞれの特徴に合わせて出されたこのペアリングが絶妙!

ワインの渋みや酸っぱさをまろやかにし、そしてそのワイン独自のうまみを引き出すというまさに目から鱗の体験。

Img_1484

Img_1485

チーズペアリングで35ポンドと少しお高めではありますが、内容に大満足!値段相応の楽しいイベントでワイン体験ができました。最後は購入ディスカウントもあり6本も衝動買いしてしまった私。

ところで、南イングランドのワイン生産って温暖化の影響で最近始まったことでしょ??って言われることも多いようです!でも実は1100年くらいからイギリスでもブドウを作っていたようです!その証拠にBOLNEYの町の教会にブドウが彫刻されているとのこと!!そんなストーリーを聞いたら確認をしにいかないと気が済まない好奇心旺盛な私。

行ってみると、なんとありました!!ドアの上の角にブドウの実が。

Img_1490

歴史あふれるイギリスがますます好きになった日でした。



HIS ロンドン支店

ロンドン優待クーポン イギリス国内オプショナルツアー、ロンドン発欧州パッケージツアー PREMIER LEAGUE H.I.S.はアーセナル公式代理店です
2022.05
loading...
テーマ一覧
カリブブログ一覧